読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム好きマイペース人生の軌跡:年輪日記

就職して子供も生まれて…と、気がつけば10年以上。マイペースなゲーム好きの日常を綴ったブログです。

Jコミに見るような可能性と、懐かしい作品から現在へ

漫画 コラム

今更ながら『ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~』を買い揃え、打ち切りになっていたことを知りました…。
その関連でいろいろと調べてみると、どうやら渡辺先生、現在は『続ハーメルンのバイオリン弾き~愛のボレロ~』なる作品を自費公開されているようです。

≫『続ハーメルンのバイオリン弾き~愛のボレロ~』

こういった形で読者との接点が手軽に作れるというのは、まさにインターネットの普及による賜物でしょうね。ありがたや。

同じような形というか、より大きな取り組みとして、『ネギま!』の作者である赤松健さんが「Jコミ」という絶版マンガを無料で公開するというサイトを公開されています。
ここのサイトコンセプトが素晴らしい!

≫Jコミ サイトコンセプト

ネギま!』のストーリーでも感じたのですが、赤松さんってものすごくマクロな視点で物事を見られる方だなーと思います。
新しい「枠」や「ルール」を生み出すって、普通なかなかできません。
実はこのJコミ堤抄子さんの『クラリオンの子供たち』が無料公開されています。
以前古本屋で探したときはまったく見つからなかった作品が、こうして手軽に見られるなんて!
感動です。

ちなみに作者の堤抄子さんはどうやら最近は漫画の講師をなさっている模様。
そういえばかぢばあたるさんも、講師をされているようです。

僕は未だに『エラガバルス』は日本で一番売れているジャンプの某少年漫画より面白いし、『聖戦記エルナサーガ』は子供に読ませたい作品のひとつだと思っています。
自分が青春時代にのめり込んだ作品の作者の方々が、次代を担う人材の育成に取り組まれているというのは、とても感慨深いです。
もちろんご本人たちに新作をという想いもあるのですが、後人を育てることほど重要なミッションもないと思います。
今後誕生するであろう作品群が今から楽しみです。

とはいえ『エスペリダスオード』と『エラガバルス』だけは、完結編をぜひ読みたいです。


<追記>

新作がコミックスになったようです。「続・ハーメルンのバイオリン弾き