ゲーム好きクラスタの楽な生き方:年輪日記

ゲーム、アニメ、漫画、ビジネスと、生活の効率化について。就職して子供も生まれて…と、気がつけば10年以上。マイペースなゲーム好きの日常を綴ったブログです。

Fate/Apocryphaが後半(とくに22話)で大化けした件

序盤から中盤の展開があまり良くなく、何度か見るのをやめようかと思ったFate/Apocryphaアポクリファ)。

年始に撮り貯めていた分を見終わったのですが、後半の展開が予想をはるかに上回る出来でした。
Fateファンでありながら、一生この作品について語ることはないだろうと思っていたのですが、あまりに衝撃的で思わずブログに書いてしまいたくなった次第です。
 

まさに神がかっていた22話

全体的に作画が安定せず、かつアニメーションも平凡だったFate/Apocryphaアポクリファ)ですが、21話のケイローンv.s.アキレスで見ごたえのあるレベルに達し、その次の22話で歴史に残るレベルに至っていました。
 
 
ネットのコメントだと作画崩壊などの意見もあり真っ二つに評価が分かれていますが、「アニメーション」としてはこれは一つの極致だと思います。
 
作画崩壊派の言いたいことも、もちろんわかります。線は荒く、グラデーションや影の処理はほぼ省かれています。それをもって作画崩壊、と呼んでいるのでしょう。これは視聴者が何を求めているかによってしまうので、否定するつもりはありません。
 
しかし僕はアニメの中でもっとも重要なのは動きだと思っています。
そしてその点において、この22話は魂がこもっていました。
アニメーションの由来となるラテン語のanima(魂)そのままのように。
 
ディテールという意味では、最新のアメリカのCGアニメーションにもはや日本は敵いません。もちろんキャラクターデザインの好みの差は出るのですが、たとえばピクサーやイルミネーションの技術で日本人好みのキャラクターデザインのものが出たとしたら、その差は明確になると思っています。
 
ただCGアニメーションの正確さでは到達できない勢いのある表現が手描きアニメには可能で、今回の22話はまさにそれだったと思うのです。
 
(なお補足しておくと、アクションシーン以外のカットの見せ方や、キャラクターの表情なども、ほかの放送回と比較にならないくらい、この回が一番美しかったと思います。)
 
アニメ「鉄腕バーディDECODE」でもアクションシーンの作画崩壊が言われていましたが、あのシーンもアニメーションとしてはとても見ごたえがありました。
こういった作品や作画が評価され、日本のアニメーションのコアとして成長していくことを願ってやみません。
 

22話の制作スタッフ

22話の絵コンテ・演出・作画監督は伍柏輸さんで、台湾出身のアニメーターの方のようです。ほかにも錚々たるアニメーターが揃っていたようです。
こういった方々がアニメーションを産業としても切り開いていっていただけると、手描きアニメーションにも光が見えそうです。

ただFate/Apocryphaアポクリファ)のストーリーそのそのものは正直...

後半の展開は本当に神がかっていましたが、一方で物語全体で見ると、破綻が多かったと感じます。
言峰シロウとジーク&ジャンヌの思想的な差が軸になるべきところが、なかなかはっきり見えてこないうえ、それを感じさせるはずのマスターやサーヴァント間の会話も表面的なものが多く、時間を割くほどの意味は見出せませんでした。
また中盤の黒のアサシンのエピソードも、アタランテを特徴づけるうえで外せないエピソードだったとは思う一方で、冗長だったと言わざるを得ません。アタランテの信念を表現するだけであれば、もう少しコンパクトにまとめる手段はいくつもあったと思います。
光るところがあるだけに、そのあたりが本当に惜しい。
またアニメーションにしても、序盤から22話前後の完成度があれば、かなり違った評価になったと思います。
アニプレックスさんの資本とA1-Pictureがありながら、なぜこうなってしまったのかは、個人的には大きな謎です...。Fate/Grand Order(FGO)で十分売上が上がり、Fateブランドとして伸びていることを考えると、投資のしどころだったと思うのですが...。
残念な限り。
 

まとめ

とはいえ、前述のとおりアニメーションとしてはひとつの極致を描けていることは間違いありません。
MXで全話放映も決まったそうですので、見逃した人、あるいは途中で見るのをやめてしまった人は、21話以降だけでもぜひ見てみてください。
 
============================
 Fate/Apocrypha 新年全話一挙特別放送
【放送局】
【放送日時】
一日目:2018年1月2日(火)11:00~(第1話~第12話)
二日目:2018年1月3日(水)15:30~(第12話~第25話)
============================