ゲーム好きマイペース人生の軌跡:年輪日記

就職して子供も生まれて…と、気がつけば10年以上。マイペースなゲーム好きの日常を綴ったブログです。

ソフトバンク光が遅い場合に速くできる光BBユニット

先日ソフトバンク光に回線を乗り換えました。

おうち割光セットで携帯の料金と合わせるとトータルではコストダウンが測れるのが目的です。

本当はNURO光にしたかったものの、うちのマンションはVDSL方式、つまりマンションの根元に光ファイバーが来ており、そこからは電話回線を経由してネットワークを敷設しているタイプなので、残念ながら導入不可でした。

年季の入った鉄筋コンクリのマンションだと後から回線を引っ張るとかまず構造的に無理なので、もしギガビットの回線が欲しい人は、住居を選ぶ時から意識しておくことをお勧めします。

 

さて、肝心のソフトバンク光。

切り替えてみたところ、なんと深夜帯が異様に遅い…。

VDSLはMAX100Mbpsまでなんですが、100Mどころか0.2Mbps程度しか出ない始末。むしろ電話回線のほうが早い!

これは解約金払ってでも乗り換えかなーと真剣に考え始めたところ、ソフトバンクより一通のSMSが。

 

ソフトバンクより

【重要】光BBユニット接続のお願い

 

光BBユニット?

あー、あのオプションで送られてきたルーターっぽいやつ。

 

実は光BBユニットはWi-Fiが弱いと聞いていたため、これを使わずに、最新のacの無線形式に対応した市販ルーターで設定していました。

ただソフトバンクが直接こんなものを送ってくるということは何か訳があるはず。

そう思い調べてみたところ、どうやらこの光BBユニット、設定を省いたりするだけではなく、「IPv6 IPoE+IPv4接続方式」に対応するためのものらしい…。

要はインターネット接続時にボトルネックになる終端装置を回避して、高速化を図れるとのこと。

さっそくNTTのVDSL装置と自宅ルーターの間に光BBユニットを設置。どうやらソフトバンク側の切り替えが必要なようなので、翌日まで待ったところ、「IPv6 IPoE+IPv4接続方式」への切り替え完了の通知メールが。

この状態で接続してみたところ、速度はなんと30Mbpsに改善してました。

もちろんギガビットには遠く及ばないものの、VDSLでこれだけ出れば充分すぎるほどです。

回線変更前の3倍くらいの速度。

 

ソフトバンクは悪い評判が沢山ありますが、なんとなく同じ罠にハマっている人は多そうです。もうちょっと光BBユニットの利点を分かりやすく伝えればいいのになーと思いました。

なお導入時のサポートのレベルは高くて驚くレベル。ADSLのころは評判悪くて有名でしたが、遠い過去の話ですね。オンラインチャットサポートとかも便利でした。光BBユニットのメリットの説明は一切ありませんでしたが(笑)

まぁ、普通の人はわざわざ自分でルーター用意して付け替えたりしないもんね。

変な先入観があると損するよというお話でした。

 

ソフトバンク光で速度が出ないという人は、ぜひ光BBユニット、試してみてください。

(ちなみにオプションです。おうち割光セットだと必須オプションですが。)