読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム好きマイペース人生の軌跡:年輪日記

就職して子供も生まれて…と、気がつけば10年以上。マイペースなゲーム好きの日常を綴ったブログです。

人は体感しないと本質的には理解しない

コラム 日常
振り返ってみると、中学高校の頃とかラブソングの類って1ミリも興味がありませんでした。どんなに好きなアーティストの曲でも、とくに印象に残らない。
ところが自分自身が普通のレベルで恋愛とかを経験すると、歌から受ける印象が一変するんですよね。

またフィクションで、銃撃シーンよりもカッターナイフで切られるほうが、痛みが想像しやすいがゆえに、痛そうに感じたりします。

それに近いのですが、自分に子供が出来てからというもの、子供に対する残酷な描写や事件が正直見るのが辛くなりました。

昔は残酷な描写にそれほど抵抗はなかったんです。むしろ厳しい描写があるほど、「リアルな」気がしてました。言い換えると、御都合主義ではなく厳しい現実を提示している物語のほうが、好ましいと思っていた気がします。

ただ実際に自分がそれが起こりうる立場になると、より現実的な感覚で捉えてしまうがために、痛ましくて堪らなくなります。

これって、すべてのことに言えるんだろうなぁ…。

やっぱり想像力には限界があって、本当のところは体感しないと分からず、かつその差は思っている以上に大きいのだと思います。
その前提を意識して物語るかどうかは、アウトプットを大きく変化させる気がします。

優しい物語を作るのは、きっと残酷な物語を作るより遥かに難しい。フィクションにしても、日常にしても。

ポポロクロイス物語TV DVDセット

ポポロクロイス物語TV DVDセット