読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム好きマイペース人生の軌跡:年輪日記

就職して子供も生まれて…と、気がつけば10年以上。マイペースなゲーム好きの日常を綴ったブログです。

シャープはホンハイの提案があって救われているのでは…

ビジネス

わりとTwitterとかだとシャープがホンハイの提案に乗り気なことに対してネガティブな発言が多いけれど、これ実際には結構救われているんじゃないかなーと思いました。

 

直近の決算資料を見るとわかりますが、第三四半期終わって本年度の累計経常利益が-530億。かつ一番赤字額が大きいのがディスプレイデバイス事業…。でもって純有利子負債が5200億以上ある…。ごせんにひゃくおく…。

>シャープ第三四半期決算説明資料

http://www.sharp.co.jp/corporate/ir/library/financial/pdf/2016/2/1603_3pre.pdf

 

これで7000億出資してくれるって、けっこうありがたい話なんじゃないかと思う次第です。少なくともマイナスを脱却して、形は変わるにしても、もう一度勝負の土俵につける可能性があります。

技術流出的な意見も個人的には違和感があって、本当に価値のある技術、もしくは囲い込みすべき技術なら、国内の他の企業が手を上げてもおかしくはない気がするんですよね。それがないところを見ると、パナソニックにとってのかつての三洋の電池事業のような価値がないってことだと思われます。(もちろん、海外に流れると、コンペティターが増えるというのは理解できますが。)

だとしたらお金出してくれるだけでもありがたがるべきじゃないかなーという気がした次第。

 

あとすでに買収されたかのような話が流れていますが、厳密にはまだ協議段階ですよね。

ホンハイとシャープ 最終的な契約条件の協議継続で合意書 NHKニュース