ゲーム好きマイペース人生の軌跡:年輪日記

就職して子供も生まれて…と、気がつけば10年以上。マイペースなゲーム好きの日常を綴ったブログです。

ソフトバンク半額サポート for iPhoneのデメリット

NHKの朝のニュースでソフトバンクiPhoneを半額で購入できるプランを導入、のように紹介していましたが、大いにミスリードする紹介の仕方だなーと思ったのでポストしておきます。

つーかNHK適当すぎてさすがに笑う…。いいのか、これ。

 

9/22より始まる「半額サポート for iPhone」の罠

これの最大の罠は、「24ヶ月経過した時点で、購入した端末を故障なしでソフトバンクに回収させること」と、「その後も機種変の際に同様のサービスを継続し続けること」という条件にあります。

つまり実質支払金額が半分になるというよりも、2年後に半額で買い取ってもらえるのを保証されている、にすぎません。

もしくはリースのようなもの。

iPhoneそのものは中古でも十分値段がつきますし、それにひきかえソフトバンクのこのサービスは付帯条件が多いため、正直言うほどメリットの大きいサービスとは言い難いと思います。

 

役に立つケース

  • ソフトバンクの利用を向こう四年は辞めるつもりがない。
  • 2年後にiPhoneの新機種に、今回と同じ「半額サポート」利用して乗り換えるつもりがある。つまり、四年ごとに契約を更新する覚悟を持つ。

上記2点を満たす場合、実質半額で2年周期でiPhoneを変更できるサービスと言えます。ただしキャリアを乗り換えるという選択肢は考えない前提です。

 

入ってもいいかもというケース

最終的に2年後に乗換えをせずに継続利用、あるいは一括返済も選べるため、「入るだけ入っておく」というのはありだと思います。

ただし返済が48ヶ月の分割で、途中で解約する場合はそれ以降の月月割は適用されなくなるため、「半額サポート」を受けずに新スーパーボーナスで割賦契約をするよりも、損をします。

(とはいえAppleから直接購入するとまったく割引なしなので、あくまで相対的に、ではありますが。)

 

というわけで、活用される場合は一度向こう四年のキャリア契約を考えるのが良さそうです。

ただ現状三大キャリアの最大のメリットは高額なiPhoneを安く入手できることと通信量が多いことなので、それを最大限活かすなら選択肢としては活用できると思います。

 

しかし将来的な対象端末が保証されてないのはどうなんだろう…。2年後の対象端末は下位機種だけだったりして。

 

 

 

 

オマル不要のバンボのトイレトレーナー

最近は子供が自分でトイレに行くようになってくれて、とても助かっています。

 

さて、オムツが外れるまでに悩むのが、幼児のトイレです。

オマルにするのか? どんなものが使いやすいのか? 掃除はどうするか? などなど。

 

実はウチはオマルは一切使わずにトイレに移行できました。

そのときにお世話になったのが、このBumbo(バンボ)のトイレトレーナーです。 

 この手の製品はたいてい2歳以降とかだったりするのですが、なんとこの製品は7ヶ月から対応しています。

そのため子供がトイレのサインが出せるようになったら、トイレに連れていきこれをセットすることで、用をたすことが可能です。

 

大きなメリットは以下の4つ。

・直接トイレに流せるのでおまるやそのメンテナンスが不要

・臭いとかの心配もない

・トイレに慣れてもらえる

・一体型なので手入れが容易

 

ちなみに現在は無事Bumboを卒業し、子ども自身でセットできる以下のようなトイレトレーナーに移行することができました。 

MOMMY'S HELPER ふかふかトイレトレーナー【便座】

MOMMY'S HELPER ふかふかトイレトレーナー【便座】

 

 オマル買うかどうか悩んでいる人はぜひお試しいただければ。

子供靴ならSKIPPON(スキッポン)がオススメ。重要な4つのポイント

子供の成長にあわせて頻繁に買い換えなければいけないもののひとつが、靴です。

もうどれがいいかとか、探しにいくだけで大変。

 

が、ウチはあるシリーズに一本化したことで、この悩みが一切なくなりました。

それがSKIPPON(スキッポン)です。 

子供靴を選ぶ際のポイント 

子供靴で重要なのは、

・子供が自分で履きやすい

・転びにくい

・洗いやすい

・軽い

の4つだと思うのですが、このSKIPPONは4つのすべてを満たしています。

まず名称の通りスリッポンタイプのシンプルな幼児靴なのですが、構造が単純なだけに、子供が自分でも簡単に履くことができます。

かつ爪先が少し反り返っていることで、段差や凹凸のある場所でも転びにくい作りになっています。

そしてシンプルなだけに洗いやすいのも助かります。ざっと泥を落としたら、洗濯機に突っ込んでしまうくらいの割り切りでOKです。

さらに軽いので携帯性も良好なうえ、小さい子でも履くのを嫌がりません。(重い靴は嫌がります…)

デザインも豊富

さらにデザインも豊富なのが助かります。

たまーにせっかく買ってあげたのに子供が気に入らずに使ってくれない、みたいなことがありますが、SKIPPONであれば、事前に子供に選ばせることで、そこをあらかじめ担保しておくことが可能です。

 

 

高級ブランドから安いものまで様々なものがあり迷ってしまう子供靴ですが、とりあえず迷ったらコレにすることをオススメします。

かつ一本化してしまうと悩む必要(コスト)もなくなるので、とても楽です。

完全栄養食の本当の価値

人生のステージが進むとどんどん自分のために使える時間が減っていくわけです。

その中で最近意識しているのが、「日常の合理化」です。とくに食事周り。

片付けのほうは食洗機とタッチレスの水栓を導入したことでかなり楽になったのですが、問題は摂取するほう。

買い物するにしても献立考えるにしても作るにしても、まともな食事って手間の塊なんですよね。

で、シリアルを取り入れたり、購入する野菜を栄養価の高いものに絞ったりしてできるだけシンプルにしようとしているのですが、ここからあと一歩、先に進みたいところです。

 

そんな中でとても注目しているのが、いわゆる完全栄養食。

よーするにこれ食べておけば栄養摂取は完了するよ、ってな商品です。

僕は食事が楽しみなほうなので、今まであった粉末を溶かして飲むみたいな味気ないものにはあまり興味がなかったのですが、最近はここにもうワンコンセプト出されたものが出てきました。

その1つが、下の下のベースパスタのような商品です。

栄養価は担保されているので買い物時に細かい栄養バランスとかは考える必要がなくなります。この「考える必要がない」というのが、個人的には大きなバリューだと思います。

 

【3個セット】完全栄養パスタ BASE PASTA 145g

【3個セット】完全栄養パスタ BASE PASTA 145g

 

 自分で買い物に行く人はわかると思いますが、このバランスとかを考えるのって実は超メンドウクサイ。ここを省けて、かつバランスの良い食事というアウトプットを担保できるのが、一番の価値だと思います。

 

というわけで、今後もこういった製品やソリューションが増えてくれることを期待したいと思います。これぞ正しい進歩!

 

 

 

全国タクシー初回100OFFクーポン

三和交通のアプリが全国タクシーに統合された模様。

最近タクシーを利用するときはもっぱらアプリ経由です。

電話する必要もないし迎車の状況もわかるし、登録しておけば決済もできてしまうので非常に便利。

いざという時も安心です。

初回登録時にコードを入れると1000円OFFになります。

初回登録クーポン

a223db

 

JapanTaxi Co.,Ltd.「全国タクシー」
https://appsto.re/jp/HNvTC.i

ソフトバンク光が遅い場合に速くできる光BBユニット

先日ソフトバンク光に回線を乗り換えました。

おうち割光セットで携帯の料金と合わせるとトータルではコストダウンが測れるのが目的です。

本当はNURO光にしたかったものの、うちのマンションはVDSL方式、つまりマンションの根元に光ファイバーが来ており、そこからは電話回線を経由してネットワークを敷設しているタイプなので、残念ながら導入不可でした。

年季の入った鉄筋コンクリのマンションだと後から回線を引っ張るとかまず構造的に無理なので、もしギガビットの回線が欲しい人は、住居を選ぶ時から意識しておくことをお勧めします。

 

さて、肝心のソフトバンク光。

切り替えてみたところ、なんと深夜帯が異様に遅い…。

VDSLはMAX100Mbpsまでなんですが、100Mどころか0.2Mbps程度しか出ない始末。むしろ電話回線のほうが早い!

これは解約金払ってでも乗り換えかなーと真剣に考え始めたところ、ソフトバンクより一通のSMSが。

 

ソフトバンクより

【重要】光BBユニット接続のお願い

 

光BBユニット?

あー、あのオプションで送られてきたルーターっぽいやつ。

 

実は光BBユニットはWi-Fiが弱いと聞いていたため、これを使わずに、最新のacの無線形式に対応した市販ルーターで設定していました。

ただソフトバンクが直接こんなものを送ってくるということは何か訳があるはず。

そう思い調べてみたところ、どうやらこの光BBユニット、設定を省いたりするだけではなく、「IPv6 IPoE+IPv4接続方式」に対応するためのものらしい…。

要はインターネット接続時にボトルネックになる終端装置を回避して、高速化を図れるとのこと。

さっそくNTTのVDSL装置と自宅ルーターの間に光BBユニットを設置。どうやらソフトバンク側の切り替えが必要なようなので、翌日まで待ったところ、「IPv6 IPoE+IPv4接続方式」への切り替え完了の通知メールが。

この状態で接続してみたところ、速度はなんと30Mbpsに改善してました。

もちろんギガビットには遠く及ばないものの、VDSLでこれだけ出れば充分すぎるほどです。

回線変更前の3倍くらいの速度。

 

ソフトバンクは悪い評判が沢山ありますが、なんとなく同じ罠にハマっている人は多そうです。もうちょっと光BBユニットの利点を分かりやすく伝えればいいのになーと思いました。

なお導入時のサポートのレベルは高くて驚くレベル。ADSLのころは評判悪くて有名でしたが、遠い過去の話ですね。オンラインチャットサポートとかも便利でした。光BBユニットのメリットの説明は一切ありませんでしたが(笑)

まぁ、普通の人はわざわざ自分でルーター用意して付け替えたりしないもんね。

変な先入観があると損するよというお話でした。

 

ソフトバンク光で速度が出ないという人は、ぜひ光BBユニット、試してみてください。

(ちなみにオプションです。おうち割光セットだと必須オプションですが。)

 

 

鉄血のオルフェンズ最終話 感想 「ここではない何処か」はゴール地点ではなく、今を懸命に生きようとした、まさにその生き方にあったんだ——。

「ここではない何処か」はゴール地点ではなく、今を懸命に生きようとした、まさにその生き方にあったんだ——。

 

僕が感じた、最終話のメッセージです。

 

だから、誰も「間違ってなんかいなかった」。

 

トータルで見るとラスタル圧勝なんですが、ミカたちはミカたちで信じたもののために全力で駆け抜けたわけで、この全力を出し切った感に到達できたかという点で見れば、彼らは負けていなかったわけです。なぜなら彼らは唯々諾々と使われるばかりだった宇宙ネズミの時代を飛び越え、自分たちの好きなように生きることができたから。恐らくはマクギリスも、これは同様です。

 

最終話、これ自体は悪くない落とし所だったと思います。ラスタルが徹底した実利主義で火星をあっさりと手放しクーデリアに任せるところも、クーデリアがラスタルを恨まず手にした権限で、彼女ができる戦いを続けていることも。

それとアカツキを見ると、命はつながっていくんだというのをしっかりと感じられます。

 

ダインスレイフで一掃されることはたぶんアレでいいんです。視聴者的にはすごくフラストレーションが溜まるけど、ジュリエッタや他のMSに倒されるよりも、理不尽で手の届かない場所からの一斉射撃というのは、バルバトスの最後には相応しかったのではないかと思います。なぜなら、死のキワにこそ、ミカはたぶん、今ここが、オルガたちと過ごしたここがコールだったと気づくことができたであろうから。

 

しかし本当に惜しむらくは後半の展開で、マッキーと鉄華団の行動に納得感がなかったために、最後のキワですら、無駄に見えてしまっていることです。ここさえきちんと描けていれば、間違いなく名作になったでしょうに…。

おそらく一番評価が割れるのはここだろうなーと思います。納得感って大事…。

 

そんな、惜しさを感じる最終話でした。