ゲーム好きマイペース人生の軌跡:年輪日記

就職して子供も生まれて…と、気がつけば10年以上。マイペースなゲーム好きの日常を綴ったブログです。

常識とか持っているとAmazonとかDMMに喰いつくられる件

最近とみに思うのですが、ほとんどの企業にとっての最大のコンペティターって、実は同業者ではなくAmazonやDMMのような企業なのではないでしょうか。

たぶんちょっと前までは、誰もAmazonが本屋だけでなく楽天モールやネットワークインフラ企業、ツタヤなどの様々な業種にとってコンペティターになるなんて夢にも思っていなかったと思います。
同じニオイをCASHのサービスを70億で買収したDMMにも感じます。

いずれも企業の体質上ほぼタブーがなく、かつ資金はあるため、普通だと考えられないような勢いで既存事業に参入し、普通だと考えられないことをして既存の市場を壊し、新たなモデルを築いていきます。
たとえばAmazonプライム特典の無料ビデオとか、映像業界からは絶対に出なかったであろうモデルだと思います。なにせAmazonのEC本体、および様々なサービスの複合である年会費をベースにしているので、構造的に単独事業の会社では真似ができません。

たとえばあなたの会社が車を売っているとして、Amazonが年会費さえ払っていれば車をレンタルし放題のようなサービスを提供したら?

おそらく同じような形で、全てのサービスがこのリスクを持っています。同業者は自社の利益の根源を潰すような策は取りませんが、本質的に収益源の異なる企業はまったく躊躇なくそれをやってきます。

そんなわけで、これからのビジネスは面白くなる一方で、ますます安定とは程遠くなるなーと考えさせられた買収案件でした。

何を考えているかわからないって、ある意味最強のコンペティターですよね。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

子供の食器に迷ったらOMM designのメラミンプレートを。

子供用の食器、どれを選べばいいか悩むと思いますが、イチオシはOMM designのメラミンプレートです。
軽くて丈夫、割れない上に食洗機対応。
それに何といってもビビットな色使いの動物が子供心を鷲掴みにしてくれます。さまざまな動物のなかから、今日はどれにするか選んでもらうだけでも子供のテンションが上がります。

IKEAのプラスチックの器とかも一時期使っていましたが、あれだと軽すぎてかえって安定しなかったりしますが、メラミンだとちょうど良い感じです。



こちらは深さのあるタイプ。

子供に与えるならマスキングテープ!

ウチの子はいろんなものの影響を受けてすっかり工作好きになりましたが、チミっ子の工作好きは容赦がありません。

白い壁でも所構わず貼ったり塗ったりするなんでザラです。

気をつけるんだガーディアン、チミっ子に慈悲はない。

 

そんなときにお勧めなのがマスキングテープ!

いくら貼られてもあら不思議、綺麗に剥がせます。

 

 

 

 

 

 このマスキングテープが上手く切れないとまた怒るのですが、カモヰさんのマスキングテープカッターがあれはそれも解決。セロハンテープカッターと異なり怪我をする心配もありません。

というわけで地味にお勧めです。

Destiny2 攻略メモ PvPクルーシブルの基本の基本(立ち回り)

脱初心者のための立ち回り編です。

あちこちで立ち回り立ち回りと言われているのですが、実践するとなるとほとんどの人は何から手をつけていいかわからない状態だと思います。そんな初心者向けのポイントをド下手な僕がポイントを絞っていくつか。

 

先に被弾したらとにかく隠れる

当たり前じゃん!って思うのですが、僕のようにFPSに不慣れな人間がこれを意識するのは、根本から考え方を変える必要があります。

多くのゲームやキャンペーンだと被弾してもゴリ押せてしまう場合があるため、ついつい逃げずに反撃する癖がついていたりします。

ただDestiny2のPvPは、ヘッドショットをもらうと数発、1秒前後で倒されます。

そのため、先に一発でも被弾すると、打ち勝つのはまず不可能です。相手も1.2秒、こちらも1.2秒で倒せるなら、早くヒットさせた時点で勝負が決まるという極めてシンプルな理由です。

なので、相手に当てる前に被弾したら、全力で隠れてください。

これだけでデス数がかなり減ると思います。

 

もちろん下記のような例外はあります。

  • 武器の得意距離で明らかに有利(相手スカウトでこちらがピストルで超至近距離)
  • こちらは複数人いて同じ相手を狙ってる

とはいえ基本は逃げるが吉です。

ちなみに慣れている人だと陰に追加でグレネードを投げ込んで来るので、ちょっと隠れるよりは逃げるほうがいいかもしれません。

 

クロスファイアを避ける

レーダー見ていると二方向に赤色がある状態になったら、基本はその場を避けるほうがベターです。MIDAか間抜け探知機を装備していない限り照準中は正面しか見られないため、横や後ろからクロスで撃たれると簡単に昇天します。

そのためレーダーが二方向に感じられたら要注意です。

相手がいない方向、かつ仲間のいる方に逃げるが基本ですが、場合によっては両方が来るのを待たずに片方に向かうというのも選択肢になり得ます。

とりあえずそこに留まるのが一番危険なため、とにかく動くことをお勧めします。走っている相手には、敵もなかなかヒットさせられません。

 

あと逆も然りで、ある程度慣れたら仲間に固まるだけではなく、クロスファイアを狙いにいくのはおススメです。

 

グライドとリフトは適宜オフにする

タイタンのジャンプスキルのリフトと、ウォーロックのジャンプスキルのグライド。

これはジャンプ中に一度〇を押すと発動し、発動中にもう一度〇を押すとオフになります。

…僕はこれに気がついたのはレイドクリアした後でしたw

いやー、これ説明なかった気がする!

ということで、これで緩急をつけて障害物に隠れるようにすると生存率が上がります。当たり前過ぎですがw

 

場所に応じて武器を持ち替える

狭い通路に入ったらピストルやサブマシンガン、普段はオートライフル、見晴らしの良い通路で待ち構える場合はスカウトライフルのように、状況に合わせてあらかじめ武器を持ち替えておくだけで、打ち勝てる可能性があがります。

 

パワーウェポンの弾は無理しすぎない

敵の近いときに取ろうとすると、ほぼ100%撃たれてお亡くなりになります。

被弾するとチャージのプログレスバーがリセットされるため、繰り返しますがほぼ100%です。

ここでもゴリ押しは効かないので、おとなしく逃げましょう。

といいつつ何故か取れる気がしてそのまま撃たれる不思議。

 

 

半分くらい立ち回り以前の話になってしまいました後、脱初心者に向けて一緒に頑張りましょう、ガーディアン!

【PS4】Destiny 2

【PS4】Destiny 2

 

 

 

 

 

物理本から電子書籍とシェアリングに移行することの経済効果

Kindleのお陰で本をいくら買っても置き場に困らなくなりとても助かっているのですが、加えて手持ちの本を読むどんどん断捨離しています。

いざとなれば古書か電子書籍で買い直せばいいや、と割切れたのが大きいです。

 

再購入のコストは無駄に思えるのですが、実はあまり読まない本を家に置いておくほうが不経済です。たとえば都心だと20平米で家賃70,000円くらい、天井高で収納に使えるのが2mくらいまでとすると、1㎥あたり毎月1750円のコストを払っていることになります。

中判の単行本一冊あたり0.000468㎥とすると、1000冊びっちりで約0.5㎥、棚の隙間等を考えると実際にはその倍くらい容積が必要になるので、実質1㎥くらい。これを維持するコストを考えると、物を持たず、必要なときにコストを払って取り寄せたほうが合理的です。

 

もちろん元々本好きなのでどうしても処分できないものはあるのですが、この割り切りをしたことで半数弱処分できました。電子書籍とシェアリングエコノミー万歳。

というわけで、自分の書庫は世界中に散らばっていると考えられるとハッピーになれると思います。

 

ちなみにKindleを買う場合は悩まずPaperwhiteにすることをお勧めします。バッテリー持ち、解像度、CPからすると一番合理的です。

 

 

 

Destiny2 攻略メモ 分かりにくい射程の概念

さて、パルスライフルとオートライフル、射程が長いのはどちらでしょう?

答えはパルスライフルなんですが、これがとても分かりにくい…。

f:id:schwarzeKatze:20171116195322j:imagef:id:schwarzeKatze:20171116195414j:image

上のような武器ステータスに射程距離というパラメータがありますが、これって同一の武器種内での相対的な有効射程距離を示すもののようです。

つまり、一見するとオートのユリエルの贈り物のゲージが一般的なパルスライフルより長く見えますが、実際には中距離用のオートの中では長いという意味で、中長距離を得意とするパルスライフルやスカウトライフルの射程距離に敵う話ではない、というわけです。

このあたりインゲームで明確に説明されているわけではないので、とっても分かりにくい…。

 

そのため産廃扱いされているパルスですが、PvPだとオートの得意射程外から狙撃することで真価を発揮できるようです。とくにネルガルPR4が全自動トリガー持ちで使いやすいとのこと。残念ながら僕は砕いてしまったのですが…。

 

ちなみに射程距離が長いと、同一武器種でもエイムアシストの効果のある距離や、ダメージの距離減衰に影響します。ですので長いにこしたことはないですね。ただ武器種の影響のほうが大きいらしいです、というお話でした。

 

 

 


 

Destiny2 攻略メモ PvPクルーシブルの基本(装備編)

ようやくクルーシブルのキルレシオが1.5くらいになってきたので、個人的なまとめです。最初の頃にキルされまくっていたので、未だにトータルアベレージだと1.0未満ですか…同じように下手だけどこれから頑張る!って人向けです。

 

武器は近距離用と遠距離用を持つ

キネティックとエネルギーでメインウェポンを2つ持てるため、この2つを遠近で使い分けることを意識すると安定します。ちなみにPvEだとキネティックのほうがバリアなしだとダメージが高いですが、PvPではその補正はない模様。

遠距離オススメ

あちこちで言われていますが、オートライフルのユリエルの贈り物、オリジンストーリー、FWCのザ・ナンバーあたりがオススメです。

射程が長く、ブレが少なく、安定してダメージを与えられます。

MIDAマルチツールが一番人気ですが、あれはヘッドショットを奇襲できちんと当てられる人向けなので、僕のようにエイムが下手な人には向きません。

またオートの場合指切りをしなくても連射できるため、エイムのみに集中できる点もヘタクソ向けですw

ユリエルの贈り物が一番オススメなのは、オリジンストーリーよりも多少射程が長く、エイム補正があり、大口径パーク付きだからです。

大口径は当たると相手のエイムが若干ブレるため、撃ち合いの時に付いていると有利です。

使用頻度は短距離より遠距離のほうが多いため、まずはここを決めることをお勧めします。

ちなみに何もなければ射程長めのオートライフルならなんでも良いです。

近距離オススメ

近距離特化武器は近い位置だと明らかにキルスピードが早いため、狭い場所や出会い頭だと非常に効果があります。

最強はおそらく三点バーストピストルのラストホープ

ただし個人的なオススメは、オートと同じく指切りを考えなくて良いという点で、サブマシンガンがです。具体的にはキネティックならアンティオペーD、エネルギーならリンMG4、ニューモナーキーのロイヤル・ディスペンスIIあたり。

ここで遠距離がキネティックならエネルギーは近距離のようにするため、手持ちの武器眺めた上で決めると良いと思います。

 

エキゾチック防具は速度重視で

PvPはPvEのようにゴリ押しが難しいため、移動速度などの基本的な能力が重要です。逃げて有利、追って有利、早く保守ポイントに移動できるなど良いことづくめです。

そのためエキゾチックは装備するとダッシュ速度の上がるものがオススメ。

タイタンなら砂漠を歩む者、ハンターならストンプEE5、ウォーロックなら横断のブーツを。

ハンターは間抜け発見器もとても便利なので、ここは好みで使い分けでも良いと思います。

 

可動性、耐久力、回復力

これも初心者向け設定が前提。

防具のサブパラメータですが、耐久力5、あとは回復力全振りくらいが良いと思います。

おそらく上手い人は可動性のほうが重要だと思いますが、ダッシュの速度には影響しないため、立ち回りとエイムが不得手なら黙って回復力に振ることをお勧めします。

 

ひとまず装備編はこんなところで。